メインイメージ

梅雨


院長の鳥尾です。

 

もうそろそろ関東地方でも梅雨入りですね。

 

そういえば、海外では「雨期(季)」と言うのになぜ日本では「梅雨」というのでしょか?

 

またまた、調べてみました。

 

梅雨とは、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになったそうです。

 

中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味で、元々「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたが、カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」になったとする説。

 

もうひとつは「梅の熟す時期の雨」という意味で、元々「梅雨」と呼ばれていたとする説があるそうです。

 

日本で「つゆ」と呼ばれるようになった由来は、「露(つゆ)」からと考えられますが、梅の実が熟し潰れる時期であることから、「潰ゆ(つゆ)」と関連付ける説もあり、梅雨の語源はほ未詳部分が多いらしいです。

 

この時期は、体調も崩しやすいので皆さん注意してくださいね。


コメントをどうぞ

CAPTCHA