メインイメージ

赤チン


院長の鳥尾です。


患者さまとの会話中で、切り傷に「赤チン」を使ってるという話題がでました。


小さい時によく使っていましたが、まだ販売しているのですね。


調べたら1973年ごろ、製造時に水銀が発生する理由から急速に使用量も減少し日本で製造を中止して輸入販売のみしているみたいです。




「赤チン」の他、「白チン」「青チン」「黒チン」というのがあるのをご存じですか?



「赤チン」  → マーキュロクロム液ですね。


「白チン」 → ベンゼトニウム塩化物・塩化ベンザルコニウム

商品だと「マキロン」が有名。


「青チン」 → ピオクタニンブルー液

競走馬の傷の消毒に使うそうです。


「黒チン」 → ヨードチンキ

今では、ヨードチンキよりもポピヨンヨード液が多用されますよね。

商品だと「イソジン」が有名。


こんな「〇チン」があるなんて知りませんでした。



コメントをどうぞ

CAPTCHA