メインイメージ

建国記念の日→「の」が入る理由



院長の鳥尾です。


2/11は建国記念の日ですね。


何で「の」が入るの??調べてみました。


昔、初代天皇とされる神武天皇が即位された日とされています。


この日は紀元節と呼ばれていました。


太平洋戦争敗戦後、GHQから紀元節が存在していたら、また天皇中心の社会になってしまうと懸念がありました。


与野党で色々話し合い、


「記念日」=日付がはっきりしているのでダメ

「記念の日」=〇〇という事実を記念する日



ということで・・・・・


「建国の事実を記念する日」になったそうです。


日本語って難しいですね。


コメントをどうぞ

CAPTCHA