メインイメージ

スタッドレスタイヤ



院長の鳥尾です。


先日、都内でも積雪するかも・・・なんて話もありましたよね。


都内だと、年に1-2回あるかの積雪でスタッドレスタイヤが必要かなと思います。


実際私も、前の車でスタッドレスも持っていましたが5年で履きかえたのは2シーズン、走行距離も1000kmも行かなく知人にあげてしまいました。


5年落ちだと性能もだいぶ落ちるだろうと思っていましたし。


でも、調べると面白いデータを発見しました。


氷上テスト(スケート場)をした動画です。(スタッドレスタイヤによる)


新品の現行タイヤ、国産5年前製造の8部山タイヤ、国産10年前の8部山、国産15年前の8部山、アジア製新品、3年前アジア製8部山の6種類でテストです。

30kmのスピードでフルブレーキをした時の停止距離を比較しました。(3本テストした平均値)


国産現行新品   →10.6m

国産5年前8分山  →11.7m

国産10年前8分  →11.7m

国産15年前8分  →11.7m

アジア製現行新品→11.6m

アジア3年前8分 →30kmまで助走できず計測不能


結果から分かるように、国産だと、年数が経っても距離は1mくらいですね。


圧雪道のテストでは・・・・(40kmからのフルブレーキ)

(アジア製は危険なので除外)

国産現行新品   →12.4m

国産5年前8分山 →12.7m

国産10年前8分  →13.8m

国産15年前8分  →15.4m

ノーマル現行新品→29.5m

という結果に。


やはり日本製のタイヤや優秀ですね。

正規の機関でのテストではないですし、保管方法や国産でも色々あるので単純な比較にはなりませんが、意外に劣化してない印象でした。


でも、事故はたとえ1mでも大事故になるので安心できませんね。







コメントをどうぞ

CAPTCHA