メインイメージ

ナンバープレート



院長の鳥尾です。


自動車にはナンバープレートが付いていますが、数字や文字にも意味があるのですね。

クルマが日本に上陸したばかり頃、ナンバープレートは無かったそうです。


ナンバープレートの始まりは明治40年頃と言われ、当時は自分で作成したナンバープレートをつけていたそうです。


【 地名】

 クルマを使用する本拠の位置を示したもの。管轄する運輸支局、自動車検査登録事務所、軽自動車検査協会の地名によって決まります。

【数字】

 地名の横にある3ケタの数字は『分類番号』といって、自動車の種別や用途を意味します。

 100番台だと普通貨物自動車(大型トラックなど)、200番台なら乗合自動車(バス)など、何種類かあります。
【ひらがな】

 ひらがなは、「事業用」「自家用」などの区別です。『わ』はレンタカーですね。

 事業用が『あいうえかきくけこを』

 自家用の一般車が『さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ』となっています。

 『お』『し』『へ』『ん』の4つは、使用されていません。

   除外している主な理由としては

    『お』『あ』が似ているため

    『し』は死を連想してしまうため

    『へ』はおならを連想してしまうため

    『ん』は発音しづらいためと言われています。

【4桁の数字】
 1~9999まで、好きな数字を選択することが可能です。ただし希望の多い番号は抽選制です。

 1ケタやゾロ目などがそうですね。

 私も2回ほど登録して抽選したのですが、両方とも1回目で当選しました。

 希望ナンバーの「1」は人気で13倍ほどらしいですね(当時)


色の種類

ナンバープレートの色は車の種類(普通自動車・小型自動車・軽自動車)、用途(自家用・事業用)によって区別されています。

●白地に緑字は、普通・小型自動車の自家用。
●黄地に黒字は、軽自動車の自家用。
●緑地に白字は、普通・小型自動車の事業用。
●黒地に黄字は、軽自動車の事業用。



2014年から順次ご当地ナンバー第二弾の導入ですね。

  盛岡(岩手県)

  平泉(岩手県)

  郡山(福島県)

  前橋(群馬県)

  川口(埼玉県)

  越谷(埼玉県)
  杉並(東京都)

  世田谷(東京都)

  春日井(愛知県)

  奄美(鹿児島県)

  

調べてみると面白いですよね。


コメントをどうぞ

CAPTCHA