メインイメージ

寝相性格診断


院長の鳥尾です。


今回は寝相でわかる性格診断です。


・胎児型

・半胎児型

・うつぶせ型

・仰向け型

・膝立て型

・安らぎ型

・布団にもぐり型


【胎児型】

横向きで身体をまるめた体勢のことを指します。

周りからはタフなタイプに見られますが、実際はナイーブで傷つきやすいのが特徴です。

心の奥では「いつも誰かに頼っていたい」という、依存心が強いタイプとも言えます。


【半胎児型】

横向きで膝だけ曲げる体勢のことを指します。

精神的なバランスがとれ、安定した状態です。悩みが少なく、必要以上にストレスを感じることはないでしょう。協調性があり常識的だとも言えます。


【うつぶせ型】

伏せて寝る体勢です。

不安を強く感じているタイプです。物事を正確にこなしていく一方で、失敗を上手に流すことができず、人間関係でのストレスをためがちです。

自己中心的な一面も見られますが、それを自覚しているようです。

焦らずに、ゆっくりと自分の失敗を許してあげていってください。


【仰向け型】

自分の身体をオープンにして寝るこの体勢は、自信家の人に多いのが特徴です。明るく前向きで、物怖じしないので人から好かれます。細かいことは気にせず、個性的な部分もあるでしょう。一方で、相手の感情の変化に鈍感で、相手を傷つけてしまうこともあります。


【膝立て型】

膝を山型に立てて寝る体勢です。

少々怒りっぽく、根に持ちやすいタイプではありますが、記憶力が良いという一面もあります。


【安らぎ型】

胸の上に手を乗せて寝る体勢です。

主に肉体的な面での悩みを持っている場合が多いです。眠りが浅く、不眠気味。突然不安に襲われたりと、なかなか気が休まらないようです。

 

【布団にもぐり型】

顔まで布団をかぶる体勢です。

物事を慎重に考え、鋭い洞察力を持っています。人から「優しい」と評価される一方で、いつも心に不安を抱えています。小さなことにも悩み、大きなストレスに変えてしまうのが特徴です。



一生のうちに費やす睡眠時間は20~25年


人生が80年あったとすると、人が一生のうちに睡眠に費やす時間は、だいたい20~25年ほどだと言われています。

脳を休ませ、ストレスを回復させるために睡眠は欠かせません。

残りの60年を楽しく過ごすためにも、自分に合った寝方で気持ち良く寝られるといいですね。



コメントをどうぞ

CAPTCHA