メインイメージ

「きつね」と「たぬき」


院長の鳥尾です。

 

私は東京出身ですが、高校卒業後京都に住みながら大阪の学校に通っていました。

 

お腹が空いて立ち食いうどん屋さんで「たぬきうどん」を注文したら、「あんかけうどん」が出てきてびっくりした思いがあります。

 

 

関東では、「赤いきつね」と「緑のたぬき」でおなじみですよね。

 

しかし、関西でも大阪と京都では「きつね」「たぬき」はまた違う食べ物なのですね。

 

【関東】

    きつねうどん/きつねそば → 油揚げがのっている

    たぬきうどん/たぬきそば → 天かすがのっている

 

【関西】

 大阪

    きつね → 甘い油揚げがのったうどん (きつねそばは基本的に存在しない)

    たぬき → 甘い油揚げがのったそば (たぬきうどんは基本的に存在しない)

             ※「天かす」がのったものは大阪では「ハイカラ」と呼ぶ。

 京都

    きつね → 短冊切りした油揚げと九条ネギ、細麺を使ったうどん

    たぬき → 京風きつねうどんがあんかけになったもの

 

地域によって違うのですね。

関西圏では「緑のたぬき」は売っているのか興味が出てきました。


コメントをどうぞ

CAPTCHA