メインイメージ

新年会


院長の鳥尾です。

 

年末は忘年会、年始は新年会と、お酒を飲む機会も多いと思います。

 

肝臓に負担を掛けないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

 

飲酒前/飲酒中/飲酒後のケアも大切ですね。

 

〇飲酒前

  ウコン → ウコンに含まれるクルクミンは、胆汁の分泌を促進しアセトアルデヒドの分解を高めます。  

         アルコール吸収を遅らせる作用があります。

  シジミ → シジミに豊富に含まるオルニチンは、肝機能の働きを助けることで疲労回復効果があります。

 

 シジミ汁などは食前に飲む機会はほとんどないので、サプリメントなどがお勧めです。

 

〇飲酒中

   枝豆・冷奴・納豆などの大豆類 → ビタミンや良質なタンパク質を豊富に含むため、酵素の働きを助け肝機能を強化します。

 

〇飲酒後

  フルーツ → アルコール代謝に必要とされるビタミンBやCで補給します。

   果汁100%ジュースは、ビタミン補給と水分補給が同時にでき、フルーツの糖分もアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

 

もちろん、飲み過ぎには注意してくださいね。

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA