メインイメージ

筋トレ(2)


 

院長の鳥尾です。

 

今回は第2弾。

 

オーバーロードについてです。

 

オーバーロードの原則

同じ負荷(重さ)でトレーニングを続けていると、次第に効果が頭打ちになりますね。

 

しかしトレーニングの負荷を徐々に増やすことで継続的に筋力が強くなります。

 

これをオーバーロードの原則(過負荷の原則)と呼びます。

最適な筋トレメニューを選ぶことがポイントです。

 

ゴルフや野球の選手のように、一方向の動作を集中的に行うと左右のバランスが悪くなり、 ケガをしやすくなるため、右を鍛えたら必ず左も鍛えなければなりません。

 

男性に多いのですが、上半身だけ鍛えて下半身をまったく鍛えない人もいますが、 これもバランスの悪い体になるので上半身を鍛えたら下半身も鍛える必要があります。

 

前後のバランスでは、拮抗筋と呼ぶお互い補いあっている筋肉にも注意する必要があります。

 

大胸筋(胸)と広背筋(背中)、上腕二頭筋(うで前)と上腕三頭筋(うで後)、 腹筋と背筋、大腿四頭筋(太もも前)とハムストリングス(太もも後)のような前後に位置し、特に拮抗筋のバランスが崩れると動きだけでなく筋肉や関節を損傷することもあるので、 バランスよく鍛える必要があります。

 

主動筋と拮抗筋の差が1.5倍あると肉離れが起きやすいというデータもあります。

 

 

どの筋肉からトレーニングするとよい?

 

一般的に小さい筋肉(小筋群)は、大きい筋肉(大筋群)にくらべて 発揮できる筋力は小さく疲れやすいです。

 

よって原則として大筋群を先に鍛えると効果的です。

 

次回は最終章、筋トレ強度についてです。

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA