メインイメージ

杖の高さ


院長の鳥尾です。


皆さん、杖の持ち手ってどちら側か分かりますか?


患側(悪い方の足)ではなく、健側(良い方の足)なんです。


右足が悪ければ、左側で突くのですよね。



1本杖の高さですが・・・・・・・簡単な方法は4つ


  1. つま先から15cm外側に杖を立てて、肘の角度が30度くらい曲がった高さ

  2. 立った状態で股関節外側の少し出ている骨(大転子)の位置(ズボンポケットの位置あたり)

  3. 身長÷3+3の長さ

  4. 手を下ろした状態で手首(橈骨茎状突起)の位置


なんですね。だいたい4つともに計測すると同じ位置にきます。


腰が曲がっている方は、    曲がった状態での立位の身長÷2+3です。



患者さまの杖で確認して思うことですが、毎日使うものなので日々のメンテナンスも必要です。


杖先ゴムの片ベリや、調整リングの緩みなど、高頻度で再調整必要な方が多いです。



もし、ご家族で使っている方がいらっしゃいましたら、高さの確認だけではなく、杖の状態も確認してみてくださいね。






コメントをどうぞ

CAPTCHA