メインイメージ

競技人口


女子サッカーが空前の人気が出てきそうですね。

女子サッカー界も下の世代からの底上げや環境が不十分ながら世界一とは、選手や関係者等の努力の賜物だと思います。


女子サッカーの競技人口は4.6万人、アメリカは167万人と桁違いです。


下記の表は女子高校生の連盟所属人数です。


1位 バスケットボール

 6万2598
 2位 バレーボール   6万1575 
 3位 バドミントン   5万3441 
 4位 テニス   3万6786 
 5位 陸上競技   3万6716 
 6位 ソフトボール   2万5632 
 7位 卓球   1万8994 
 8位 ハンドボール   1万4965 

9位 水泳 

 1万1829 
10位 サッカー   8421


サッカー自体競技人数は少ないですよね。


しかし、最近の競技人口増加率や大会などの参加数は近年急増しているそうです。


今回の優勝で、競技人数も増えると思うので、強化にもつながりますよね。


関係ない話ですが、中学女子競技人数のトップはソフトテニスだそうです。



コメントをどうぞ

CAPTCHA