メインイメージ

土用



おはようございます、院長の鳥尾です。


今日は土用の丑の日ですね。帰ってから鰻を食べる予定です。


何で丑の日に鰻をを食べるのだろう???


調べちゃいました。


土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節であり、1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつです。


鰻を食べる習慣については諸説あり、商売がうまく行かない鰻屋が夏に売れない鰻を何とか売るため、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」というヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ったことによりその鰻屋は大変繁盛しました。


その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したといいます。


土用の丑の日に食べるものは鰻でなく「う」の付くものでいいのだから、「うどん」でも「梅干」「瓜」でもいいみたいです。実際にそれを食する習慣もあった地域もあります。


普段なら、安い鰻を購入するのですが、丑の日だけは何故か少し奮発してしまうんですよね 😀


コメントをどうぞ

CAPTCHA